センセイプレイス

明治 大学

明治大学 商学部
  • 現役生
  • 東京都

9月入会から明治大学に現役合格!勉強のやり方が180度変わった!

合格校
明治大学商学部、中央大学国際情報学部、学習院大学経済学部

ざっくりまとめ

  1. 1周りに流される日々...とにかくがむしゃらに勉強
  2. 2残り半年の短期決戦!受験当日まで成績アップ!
  3. 3成長を実感した合格発表、合格の秘訣は”基礎を完璧に”

センセイプレイス入会前

周りに流される日々...とにかくがむしゃらに勉強

――当時の状況について教えてください

一言で言うと、『周りに流されて考えちゃう』状態でした。所属していた特進クラスの中で、成績はあまり良い方ではありませんでしたが、勉強しようという気持ちはあまりなく、周りに合わせて学校の授業や課題をこなす日々でした。しかし、2年生の終わり頃に受けた模試で、周りの友人達が志望校でA判定をもらっている中、自分はD判定だった時、焦りを感じて、受験勉強を始めようと思うようになりました。

最初は志望校に対する自信はありませんでしたが、これまで勉強してこなかったのだから、勉強さえすれば成績が上がって、自信もつくと思っていました。

当時困っていたのは、部活との両立と通学時間の長さです。特に部活は、特進クラスの中で唯一バレーボール部の練習に週6で参加しており、学校の先生に「部活をやっているから成績が上がらないのでは?」と言われたこともありました。勉強の為に部活を辞めようと思ったこともありましたが、1人抜けるとチームの雰囲気が悪くなり、友達との関係が崩れるのではないかと思い、結局辞められませんでした。

また、学校から家までの距離が長く、家での勉強時間があまり確保できなかったこともあり、睡眠時間を削ってを勉強せざるおえませんでした。その勉強も深夜12時近くまで課題に追われ、受験勉強というより、毎朝学校である小テストの勉強や課題をただがむしゃらにこなしている状態でした。6時に起床し、睡眠不足から学校の授業は常に眠気との戦いになっていました。

緊急事態宣言が発令され、学校が休校になったので大手予備校で英語の授業を受けてはみたのですが、一方的に英語の知識を聞かされるだけで、課題も出なかったことから、このまま通ってもあまり意味はないのではと感じるようになりました。

部活の練習も無くなったので、毎日8時間勉強していたのですが、成績には反映されず夏まで志望校はE判定のままでした。 

――受験勉強においてどのような課題を抱えていましたか

現代文と世界史が課題だと感じていました。

現代文は、元々本を読むのが好きではなかったということもあり、今思うと緩急をつけて読むなどの受験生としての基礎が足りていませんでした。一応、学校の先生から毎日プリントをもらって勉強していたのですが、一向に解けるようにならず、現代文はセンスが大事とよく言われることもあり、対策しても意味がないと半ば諦めていました。

また、世界史は何回やっても覚えられず、いつも眠くなってしまうので、段々苦手だと感じるようになり、やらなきゃいけないとは分かっていても、逃げて他の勉強をしていました。

センセイプレイス入会後

残り半年の短期決戦!受験当日まで成績アップ!

――センセイプレイスを知ったきっかけは?

母親が調べてくれたことがきっかけです。

夏休みの終わり頃に、大手予備校が合わないと感じて悩んでいた私を見て、母が「自習ができた方がいいのでは?」とアドバイスしてくれました。それだけでなく自習をサポートしてくれるサービスをネットで調べてくれて、その時に初めてセンセイプレイスを知りました。

最初はどんなサービスかよく分からず不安だったのですが、偏差値低い状態から合格していたたくさんの受験生の合格体験記を読んで、受験まで半年しか残されていない今がE判定空脱出する最後のチャンスなのではないかと思い、体験指導を受けることにしました。

――センセイプレイスを選んだ決め手を教えてください。

丁寧な指導に好感を覚えたからです。

おすすめの参考書を教えてくれただけでなく、その参考書がなぜ必要なのかまで説明してくれて、この通りにやれば、自分でもうまくいくのではないかと思わせてくれる体験指導でした。

また、「基礎からやりましょう」と言われて、これまで自分が、試験に出るような発展的な問題や暗記することばかり気にしてて、基礎的な勉強を全然していなかったことに気づかされました。

――センセイプレイスに入会してどのような変化がありましたか?

センプレでの半年間を通して、大きく2つの力が身についたと思います。

1つめは、何をやれば良いか考える力です。

入会前は、がむしゃらに参考書や学校の問題集を解きまくっていましたが、自分のやっている勉強に意味があるのか自信がありませんでした。やっている勉強が何に結びつくのかを考えていなかったので、目的意識がないままダラダラ勉強していました。

入会してからは、週レポに目標や計画を書かなければならない為、自分の勉強への向き合い方について、いやでも考えなければならない時間ができました。

また、週レポだけでなく毎日書く学びログがあったのが大きかったです。最初はあまり書く気が起きず、学びログを書く時間をもったいないと正直思っていましたが、1日学びログを書かなかった時に、翌日何の勉強をすれば良いのか分からなくなって勉強の効率が落ち、学びログの必要性を実感しました。

私は結構後回しするタイプだったのですが、1週間ごとに週レポを書いて考えることで、入会して1ヶ月経つ頃には自然に次に何の勉強をすれば良いか考える癖が身についていました。

2つ目は、現代文を何となくではなく、根拠をもって解く力です。
これまでセンスだと思っていた現代文が、センプレに入ったからといっていきなり解けるようにはならないだろうと思っていたのですが、先生に選択肢を古文みたいに単語ごとに切って、動詞のニュアンスが似ているかどうかで選択肢を絞り込めるとアドバイスをもらった事がありました。

他にも指導を通して、勉強方法を考えるうちに、現代文はセンスではなく、日々の勉強の積み重ねで解いていく事ができると、自信を持つ事ができました。

――受験本番まで、どのように過ごしましたか?

このまま勉強を続ければ「受かるんじゃないか」と思えるようになるほど、受験直前まで不安は特になく、目の前のやるべきことに全力投球する日々でした。

勉強時間も、学校がない日は8時間、学校がある日でも6時間の勉強を毎日継続し、共通テストの1週間前は最高で14時間勉強していました。

その甲斐あってか、なかなか伸びなかった成績も、最後の模試の時には結果に現れてきました。

入会当初偏差値が45だった現代文は60に、55だった英語は64に上げる事ができました。世界史だけは模試でも結果が出ず、受験本番で問題を解きながら、分からない部分をひたすら短期記憶で詰め込んでいました。

世界史が足を引っ張ってしまっていたので、終盤でも模試の判定がE判定だったのですが、先生も「E判定だったし関係ないよ!」と明るい感じでアドバイスしてくれたので、あまり焦らずに目の前のことに集中できました。

合格への道のり

成長を実感した合格発表、合格の秘訣は”基礎を完璧に”

――受験期で最も印象深い思い出を教えてください

関西大学の入試で手応えがなくて、とても焦ったのを覚えています。

失敗した原因が世界史だと自分でも分かっていたので、とにかく次は失敗しないようにと、入試を受けるたびにとにかく世界史を詰め込んでいました。

先生に相談した時、「世界史短期記憶でもいいから、とにかく1問1答をやろう」といつものように落ち着いたアドバイスをもらえたので、とにかく必死に詰め込みました。

今思うと、世界史に関しては、分析力が役に立ったと思います。センプレに入って、もし世界史ができていなくても、焦って教科書を読むぐらいだったと思います。ですが、指導を通してただ頑張って終わらせるのではなく、「文化史がだめ、この制度が無理」といったように、どこがダメなのかを具体的に考える事ができました。確実に範囲を絞って短期記憶で暗記したことで、受験の最中に成績が上がっていたのだと思います。

どの入試も手応えはあまり感じていなかったのですが、入試が続いている中、学習院大に合格していた時は本当に安心しました。明治の商学部も自信がなかったのですが、合格していたので本当にびっくりして「ええ!なんで!」と連呼していました。

先生に報告したら、「本当にすごいね」って言ってもらえました。気づいていなかったのですが、10月ぐらいまで先生は私が学習院に受かると思っていなかったそうで、自分でも改めて成長を実感しました。

――今振り返ってみて、受験の成功の秘訣とは?

基礎を完璧にすることだと思います。センプレに入会するまで、きちんと勉強してきた訳じゃないのに、発展的な問題ばかり解いていました。

入会して間もない頃、先生に「ゼロから読み解く現代文」をおすすめされ、「え?私ってそんなに現代文できてないのかな」と一瞬びっくりしたのですが、実際にやってみたら結構知らないことも多く、現代文で抱えていた悩みがどんどんスッキリしていきました。センプレに入っていなければ、基礎レベルの勉強をする事なく、受験も残念な結果に終わっていたと思います。

直前期まで基礎レベルの勉強をしていて大丈夫か不安になりましたが、マナビバで他のセンプレ生がVintageやネクステージを勉強していると知って、自分だけじゃないんだなと安心することもできました。

センセイプレイスは自分だけで考えて勉強することに自信がなくて、とにかくがむしゃらにやっている人におすすめできます。

センプレに入ってから「いままでの自分と違うな、成長したな」と本当に感じられるようになったのがその理由です。何をやっても長続きしなかった自分が学びログを書き続け、基礎もちゃんと根気強く詰められるようになったことで、自分で考え、分析することの大切さを強く実感しました、直前期でも諦めずに基礎に立ち返って勉強する事ができたのはセンプレで鍛えた分析力のおかげだと思います。

トップへ戻る
いますぐ!無料体験指導