センセイプレイス

富山 大学

富山大学 理学部
  • 浪人生
  • 長野県

専門学校中退から富山大学に合格!自分の勉強に自信を持てた浪人生活

合格校
富山大学理学部

ざっくりまとめ

  1. 1専門学校を中退!したのは良いけど...
  2. 2勉強法を日々改善!迷いも消え自信を持てるように
  3. 3入試本番で成長を実感!最後まで諦めなかったからこそ掴めた合格

センセイプレイス入会前

専門学校を中退!したのは良いけど...

――当時の状況について教えてください

当時の自分を一言で表すなら、いきあたりばったりな生活でした。
どんなことが待ってるのかとか考えずに、とりあえず学校をやめたり決断だけが先走っていました。

専門学校に1年通っていたのですが、やりたいことは全然見つかっておらず、今のままではなんとなく就職してしまいそうだと悩んでいました。

私は、高校生の時から獣医になりたくて、現役時は第一志望の帯広畜産大学を目指していました。しかし、センター試験の点数がひどく、2次試験で挽回できるような点数ではなかったので、2次試験を受けず途中で受験をやめてしまったという過去がありました。

獣医に近い分野で働きたいと思い、専門学校を選んだのですが、途中で諦めた後悔がずっと私の中でくすぶっていました。就活で思い悩んだ結果、浪人して”受験”をやり直したいと改めて思い、2年に進級するタイミングで決断し専門学校をやめました。

ここまで読むと、思い切りがいいと思われるかもしれませんが、1年間勉強から離れて、内容を覚えておらず、先のことが見えてなかったので、とりあえず根拠なしになんとかなるだろうという、志望校合格に対する根拠のない自信を持っていました。

最初は英語の勉強だけをやっていたのですが、英文解釈を1日の勉強時間の半分ぐらいつかってやっていたのに、全然進まず、非効率な勉強をしていると感じるようになりました。

このままで間に合うのか、知識が身についてるのかという不安が日増しに大きくなっていたのですが、誰にも聞けず、考え込んで勉強が進まなくなり、時には涙を流すこともありました。

――受験勉強においてどのような課題を抱えていましたか

自分では真面目に勉強しているはずなのに、成績が伸びなかったことです。

現役時代も勉強時間をしっかり取っていて、学校が終わってみんなが早々と家に帰っていた中、自分だけは放課後教室に残ってて勉強していました。にも関わらず、成績は伸び悩み、前述の通り、受験を諦めました。

そのため、勉強のやり方が悪いのは何となく分かってはいました。今の自分のやり方が正しいのか不安で、一応自分なりに考えるのですが、自分が考えたことに自信が持てず、迷いながら勉強していました。

今思うと、出来るものと出来ないものの仕分けをしておらず、出来るものだけ絞ってやるとかではなく、必要だと思った勉強を最初から全部をやっていたため、ただ時間だけがかかっていました。また、現役の時から参考書を完璧にするという概念がなく、目的を持たずに、ただ学校で配られたからやるといった受け身な勉強をしていたことも、成績が伸び悩んだ原因だと思います。

センセイプレイス入会後

勉強法を日々改善!迷いも消え自信を持てるように

――センセイプレイスを知ったきっかけは?

受験勉強を始めた3月頃、英語の勉強法を調べていた時に、YouTubeの動画を見つけたことがきっかけです。

早稲田など私大向けの動画が多かったこともあり、正直言うと、最初は入ろうという気持ちはなく、参考程度に動画を観ていました。

その少し後、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自粛期間中が続いていた時、センセイプレイスでやっていた朝のネット自習室に参加してみたことで「センプレ良いな」と思い始めました。

朝のネット自習室が終了することになった時、、馬場さんのアドバイスが自分にとってすごく役立っていたと感じ、センプレに入ったらこういうアドバイスを受けられるのではないかと感じ、もっと話を聞いてみたいと思いました。センプレに入ってもまたこれまでのように上手くいかないんじゃないかと言う不安はありましたが、変化を起こさない限り現状は変わらないと、思い切って無料体験指導に申し込んでみました。

――センセイプレイスを選んだ決め手を教えてください。

指導を通して、自分の勉強に自信を持つことができると思ったからです。

体験指導ではセンセイに私自身のことをたくさん聞かれたのですが、自分でも自信がなかった勉強の仕方や努力の方向性に対して、何が足りないのか、何が必要なのかをセンセイは的確に指摘してくれました。私が間違った方向で勉強を進めてしまっている時に指摘してもらえば、正しい方向で勉強をやり直せるのではと思えました。

また、センセイに「私は自分では考えられない」と伝えたら、「計画とか自分だけで考えるより、何かに頼ったほうが良いんじゃない?」とアドバイスをもらいました。何かに頼ったほうが良いとは言われたけど、センプレに入ったほうが良い、センセイに頼った方が良いとは言われず、本当に私のために考えてくれてることが好印象でした。

――センセイプレイスに入会してどのような変化がありましたか?

センプレに入って毎週指導を受ける中で、自分の勉強に迷いがなくなっていきました。私の悩みの原因のほとんどは勉強に対する迷いだったのですが、その悩みに対し、毎週自分で改善策を考え、それを先生と共有して、さらにこうした方が良いのではないかと話し合ってパワーアップした改善策を作り上げられたことで、迷いがなくなり、目の前の自習に集中することができました。

また、それぞれの参考書をやる目的をもてるようになりました。前は勉強法を真剣に変えていこうと言う意識が薄かったのですが、指導で判断基準を持つことが大切だと言われ、そこから参考書を使う基準を考えるようになりました。それだけでなく、学びログで毎日の勉強を振り返って、『悪かった点を把握して、次の日改善する』というサイクルを回していたことで、「目的にそった勉強のやり方ができてるのか?」を常に確認し、改善していくことが出来ました。

日々の勉強の中で、改善する過程を楽しんでいました。勉強に変化を起こすことが楽しくなっていたと思います。なにかやり方を変えると、その都度発見があり、それがモチベーションのひとつになっていました。例えば、英文解釈の勉強をする時「今まで書いて勉強してたのを書かないでやったら効率良いかな」と仮説をたて試してみて、実際に時間短縮になった、といった改善のプロセスを楽しみながら浪人生活を送ることができてたと思います。

――受験本番まで、どのように過ごしましたか?

英語をとにかく分析していました。共通テスト模試の英語が12月に70点だったので、直前期は仮説をたてて検証するというサイクルをひたすら回していました。

例えば、時間内に解き終わらないことを課題に設定した時、読みながら解いたらスピード上がるのではという仮説をたてて検証してみたら、実際にスピードが上がり、点数がアップしました。

指導をきっかけに過去問も分析していました。センセイに「仮説検証というサイクルを回すのは普段意識せずともやってたと思うけど、ちゃんと言葉にして一回一回やってみて」とアドバイスを受けたことから、学びログ/過去問ログなどで言語化して分析することで、過去問も無駄にせず使いこなすことができたと思います。

また、再び参加したネット自習室でトレーナーの方が「過去問ノートをつくるのがいいよ」って言ってるのを聞いて、実際にノートを作ってみたり、ケアレスミスをまとめてみたり、参考になったことを意識的にメモしていました。

合格への道のり

入試本番で成長を実感!最後まで諦めなかったからこそ掴めた合格

――受験期で最も印象深い思い出を教えてください

富山大学の入試本番で、実力が伸びたのを実感できた事です。

2次試験の前日に指導があったのですが、その指導で自分で解いた過去問の論述問題について質問し、自分の書いた論述問題を見てもらいました。センセイに「要点がはっきりしてなくて、何がいいたいのか見えてないから、ひとことで考えるとなにって考えるといいよ」とアドバイスしてもらったので、そこから翌日の本番までに、昨年の論述問題を使って『この要点はなに?』と要点を考えるイメトレを行いました。

次の日、試験本番でその通りに実施してみたのですが、今まで過去問を解いていた時は毎回制限時間ギリギリで終わるぐらいで見直し時間がなかった試験問題が、論述問題で要点を先に考えた事で、スピーディーに解答する事ができ、初めて本番で15分も時間が余りました。

それだけでなく、共通テストが終わってからの1ヶ月の間で追加した新しい参考書から2次試験に出てきた事柄が結構ありました。2次試験は1科目だったので、1科目をひたすら1日勉強するのはかなり大変でしたが、先生と参考書にかける時間を決めていたことで、最後まで勉強し続けることができました。センプレに入ってから、学びログを書いて、週間レポートで課題を見つけて、指導で解決するという流れで、安定して勉強を続けられていたからこそ、緊張や不安が大きくなる終盤でも上手くこなす事ができたのだと思います。

最後まで勉強を続けられたからこそ、合格発表の日に、自分の番号を見つけた時は、「今まで頑張ってきたことが、やっと認められた」と成長を実感する事ができました。

自分でも合格した事が信じられなくて10回ぐらい確認したのですが、両親は私よりも喜んでくれました。真っ先に合格を伝えたセンセイも私以上に喜んでくれて、専門学校を辞めた時は不安しかなかったけど、その選択をできて本当に良かったと思えました。

――今振り返ってみて、受験の成功の秘訣とは?

安定して勉強を続けられたことだと思います。

学びログという、日々の勉強で上手くいかなかった部分と向き合う場があって、週間レポートと指導で見つけた課題を解決するという、3つの流れがあったからこそ、成績が伸びなくても不安に負けず前を向いて、勉強を続けられたのだと思います。

センプレはひとりひとりの状況に合わせて計画を立てていけるので、私のように1年のブランクがあるなど、志望校までの距離が遠い人には是非おすすめしたいです!

私が「変わりたい」「変化をしたい」と思えたように、皆さんも何かしら変わりたい部分があると思います。勉強だけに限らず日々の生活の中で変えていきたい事も、センプレではセンセイが一緒に考えてくれます。自分で決めた事を自分以外の人が常に見てくれる事で、主体性を持って、自分だけの受験勉強が出来るようになると思います。

トップへ戻る
いますぐ!無料体験指導