センセイプレイス

広島 大学

広島大学 総合科学部
  • 現役生
  • 北海道

「定期テストできる!!模試できない...」→広島大学合格!合格の秘訣は学習の質

合格校
広島大学総合科学部

ざっくりまとめ

  1. 1定期テストは取れるのに、模試は全然うまくいかない。
  2. 2え、スマホを完全にやめなくても良いの!?
  3. 3合格の秘訣は「自分にあった学習×考えながら努力すること」

センセイプレイス入会前

定期テストは取れるのに、なんで模試は全然うまくいかないの?

――当時の状況について教えてください

定期テストは取れるのに、模試は全然うまくいかない。という受験生でした。というのも、細かく範囲が指定されていて、何をやれば良いかわかっていた学校の定期テストでは比較的得意でした。

でも、受験勉強はそうはいかなくて。定期テストのように直前で詰め込むわけにはいかないし、本当の意味でそれぞれの科目を理解する必要がありますよね。

ちゃんと根本から理解する勉強をしなければいけないっていうことは、当時も頭ではわかっていたものの、「じゃあ、根本から理解できる本質的な勉強ってどうやるんだ...???」という感じで。笑

「本当の意味で身につける」ということが必要だとわかっているのに、何から手をつけるべきか?どうやるべきか?という部分がわかっていない。というのが当時の悩みでした。

早い段階から意識していたものの、本格的に始めたのは高2の冬くらいでした。その時期になると受験を意識したテストや模試があり、自分の立ち位置が明確になって「このままじゃやばいな...」と気づきました。

そこでまずは、高校3年生になるまでに習ってきた勉強内容で理解できていなかったとことを理解し直そうと思って動き出したのが本格的に受験勉強をはじめた瞬間かもしれません。

たった今、「このままじゃやばいなと思って始めました...」と言ったばかりなんですが、実はそうじゃなくて。笑

本格的に始めたばかりのころは正直、受験には間に合うだろうと思っていました。やっていく中で難しさに気づいていったという感じでした。

――受験勉強においてどのような課題を抱えていましたか

やっぱり、定期テストみたいに、どこの範囲で何の教材をやれば点数が取れるという保証がなくて怖かったことですね。色々な情報はあるけど、どれを信じていいかわからなくてとても悩んでいました。

そんな中で、とりあえずは大手予備校に入って、みんなと同じような勉強をすれば良いのかなと思っていた部分もありました。でも結局、予備校でやり遂げる自信もなくて、結局塾には入らず。という感じでした。

志望校は、クラスの周りが北大って言っていて、しかも私のお兄ちゃんも北大に行っていたというのもありとりあえずは北大志望でした。自信度でいうと、最初は自信があって75/100くらいでした。でもそれが勉強を進めていくうちに、厳しい現実を知り、30パーセントくらいになってきました。

効率が悪いことも課題でした。例えば、学校の数学の宿題をちゃんとやっていなかったから一からやり直そうと思ってやり始めるものの、できない問題があったらそこから進まない。という感じでした。

でも、そういう勉強を中学校からやってきたから何も違和感がなくて。今思えば、時間もかかるし、授業の時も分からなかった問題を自力で解けるまで一人でやるっていうのもおかしなことだとわかりますが、当時はそうじゃなかったです。

センセイプレイス入会後

課題だった「勉強の質」が改善。第一志望校の入試直前に合格最低点を突破

――センセイプレイスを知ったきっかけは?

家でYouTubeを見ているときに知り、そのあとすぐにセンプレのサイトに飛びました。

用意してもらった学校の教材で出来るようにならなかったという経験があったので、自分にあった教材や勉強のやり方で進めないといけないっていう気持ちはずっとあって。でもそれが分かんなくて困ったから、そこを解決してくれそうなセンプレめっちゃ良いなと思いました。

正直最初は怪しいかなとも思いました。親も「なにこれ怪しくない(・・?」みたいな反応で。笑

でも、「無料だし体験だけでもやってみたら?」と最後は背中を押してくれて、体験に申し込みました。

――センセイプレイスを選んだ決め手を教えてください。

「自分に合うやり方でやっていけたら絶対に楽しい!」と思えたことです。

クラスの半数以上がある大手進学塾に通っていて、そこに通っている友達から聞いていたのはいわゆる塾らしいエピソードというか、先生にプレッシャーかけられたりというようなことも聞いていて。

センプレでは結果だけでなく、結果を出すための過程を重視して、私にあった学習の提案をしてくれるというところでそことは違う”楽しい学習”ができそうだと思えたことが大きかったです。

――センセイプレイスに入会してどのような変化がありましたか?

スマホの使い方が変わり、学習時間の確保が出来るようになったことが、最初に感じた変化です。勉強が全然できてなかったところから、ちょっとづつでも生活の中でもスマホとの両立ができるようになっていきました。

小さな成功体験ですが、いつ何をどのタイミングでするのかを先生と決めて単語帳をやり始めてみたら意外とできて、「あれ?自分出来るじゃん。」と思えたことも自分の中では大きな変化でした。

中でも衝撃だったのは、「スマホをいじるのも全部を全部辞める必要はない」って先生が言ってくれたことで、0か100か?いじるかいじらないか?で考えがちな意識が変わり、少しづつ勉強に向き合えるようになっていきました。

合格できる!と思える納得感のある学習計画もありがたかったです。

指導でセンセイと話しあって決めた学習計画は、誰かに「やれ」と言われた宿題やノルマのようなものとは違い「これをやっていけばちょっと合格につながる」と自信を持てるものでした。

――受験本番まで、どのように過ごしましたか?

直前期はとにかく気持ちの面がしんどかったです。過去問でボーダーより高い点数が出た時も、たまたま解けるところがでただけかもしれないという感情で焦ったりしていて、とにかくネガティブで、すごく不安だったのを覚えています。

でも、センセイもそれをわかってくれていて、「とにかく点数を、数字を、基準に取り組んでいったほうがいい。事実を軸に考えることで、メンタルをブラさない。」というアドバイスは今でも覚えています。

もともと私は自分が一番大きいゴールに辿り着けた時しか褒めてあげないし、認めてあげなかった。

残された時間の関係で、やりたいけどできないことはいっぱいある。でも、やるべきことは変わらない。だから目の前のことに一生懸命とりくむ。という姿勢は結果と同じかそれ以上に、”過程”に対して徹底的に向き合うセンプレだからこそ気がつけたことだし、乗り越えられたことだなと感じています。

合格への道のり

最後まで合格を諦めず、走り抜いた。合格の秘訣は、合格のためなら何でもやる?

――受験期で最も印象深い思い出を教えてください

合格発表が印象的でした。

合格発表の日は家族がみんな仕事で出ていたので自分1人で、大学のホームページから見ました。受験番号の見方が合ってるか不安でたまらなくて、結局学校の先生にもお願いして合格を確認してもらうほど不安でした。笑

合格だとはっきりわかった瞬間は、顔がぽかぽかしたのを覚えています。すぐにお母さんに連絡したら、とても喜んでくれて。お兄ちゃんも、「春休みだね」と言って喜んでくれました。

合格したとわかったその日は嬉しい気持ちでいっぱいでした。春から住む家が、実家の雰囲気に少し似ているところがあって、それもとても楽しみでルンルンでした。笑

――今振り返ってみて、受験の成功の秘訣とは?

「自分のレベルにあった勉強を考えながらやること」です。その上で、自分のやっていることに自信を持つこと。

自分の位置とゴールをかんがえながらやることを常に念頭に置いていて、直前に、周りはおそらく応用問題中心に対策しているであろう時に、応用ではなく自分がわかってないところを集中してやりました。その判断は結果的に良い策でした。ライバルを意識して、ライバルと同じことをやるような学習をしていたら、その判断はできなかったと思います。

センセイプレイスをおすすめできる人はたくさんいますが、「これをやれば良い」みたいな誰かのアドバイスや宿題を中心に、受け身の勉強をしていた人にはおすすめです。それから、これから追い上げて追いつかなければいけない成績の人、この2つのどちらかに当てはまる人は特にオススメだなと思います。

センプレの先生はたくさんの有益なアドバイスや計画立てをしてくれます。でも、それ以上にたくさんの質問をされて、頭を使って勉強します。頭を使って考えながら戦略的に勉強するということは楽ではないけど、それが結局一番伸びると思います。これまで受け身だった人や、一気に成績を伸ばす人には特に必要な力だと思います!

トップへ戻る
いますぐ!無料体験指導