センセイプレイス

早稲田 大学

早稲田大学 商学部
  • 現役生
  • 東京都

受験前日にまさかの事態!?最後の伸びを信じて早稲田合格!

合格校
明治大学政治経済学部

ざっくりまとめ

  1. 1高2の10月の進路面談で焦りはじめる...
  2. 24月に入会し、5月で受けた模試が上がってる!
  3. 3受験初日の前日にコロナ濃厚接触者に

センセイプレイス入会前

高2の10月の進路面談で焦りはじめる...…

――当時の状況について教えてください

一言でいうと『何をしたらいいかわからない状態』でした。今までの高校生活をすこし後悔もしていました。高校に入ってから、ほとんど勉強してない状態だったからです。

学校の定期テストも、当日に勉強するぐらいでした。借金のようにそれが積み重なって、高2の後半の時期で、何も覚えてない自分にものすごく焦り始めたのを覚えています。

焦るきっかけとなったのは、高2の10月にあった進路面談でした。当時は理系に進もうと思っていました。しかし、自分の科目選択では理系に進めないことが発覚し、文系にいくための科目を今から間に合わせないといけないと思い、そこから本格的に焦り始めました。受験のために、ハンドボール部も退部することにしました。

当然、志望校合格に対する自信は全然ありませんでした。自信どころか、自分なんかが目指していいのかと思うぐらいでした。

それでも、早稲田に行くしかないと思っていました。自分は将来、オリエンタルランドというディズニーランドを運営している会社に入社したいからです。ただ、自分のレベル的には、厳しすぎる大学だというのは感じていました。

そんな状態で大手の予備校に入りました。しかし、結局授業は何も聞いておらず、お金を無駄にしている感覚でした。そもそも、授業が嫌いだったのもあります。

どうにかしないととは思いつつも、予備校をやめて一人で受験勉強をするのも不安でした。志望校に対する自信もないし、受験勉強が進んでいる実感もない。そのため、授業という形ではなく、自分の受験勉強をサポートしてくれる人が欲しいと考えていました。

――受験勉強においてどのような課題を抱えていましたか

基礎が全くもってなかったことです。特に、高校1年生の頃にやっていた基礎はすっかり抜けているというのを実感していました。予備校のレベル分けテストで、高1の頃に習った数学1Aが100点満点中の10点しか取れなかったことがきっかけです。

自分の気持ちとしても「このまま勉強し続けても意味ないやん……」と思っていました。センセイプレイスの動画を見てて、馬場センセイが勉強法を変えようと言っているのも、話半分に聞いていました。そもそも、どういう風に勉強方法を変えればいいのかもわからなかったからです。

そんな気持ちのまま勉強しつづけてきたので、高2から勉強してたのにもかかわらず、全然成績が上がっていませんでした。英語も国語も数学も、何一つとして伸びていなかったんです。

全科目にいえるのは、勉強の進め方が全くわからないということです。だから、ネットとかブログで勉強法について調べて、それを1回試してみて、結局つづけられずにおわるということをくり返していました。ひどいときは、英単語を全然やってないのに、長文を読もうとして「それはさすがにできないでしょ……」ということもやっていました。

センセイプレイス入会後

4月にセンプレに入会して、毎日勉強の効率が上がっていく実感!!

――センセイプレイスを知ったきっかけは?

センプレを知った最初のきっかけは『オンライン 塾』と検索したことでした。いろんな塾の候補を出してるサイトがあって、1つ1つ見た上で、センプレが一番良さそうだと感じたのを覚えています。

そこで、センプレのサイトを改めて見てみたら、今まで大切と言われてきていたことと同じことが書いてあって、いいなと思いました。合格体験記もたくさんあったため、ちゃんと目を通しました。

ただ、センプレのことはまだ両親には相談できずにいました。そのため、センプレに入るかどうか決断できずにいました。

そんな中で、体験指導を受けようと決めたのは志望校を早稲田にしたことが大きかったです。国公立に行こうかなというすこしの迷いを断ちきり、早稲田に志望校を据えたタイミングで、なんとなく早稲田のイメージが強いセンセイプレイスの体験指導を受けようときめました。


体験指導を受ける前は、正直不安でした。対話するというのが、全然想像できてなかったからです。

――センセイプレイスを選んだ決め手を教えてください。

センプレだったら、受験勉強を楽しくできそうだし、成績も伸びそうだなと体験指導で思えたからです。YouTubeもそうですけど、雰囲気が熱くていいなと思いました。

センプレのサイトにはいいことが書いてあったけど、体験指導でも同じことを言ってくれたので、大事なことが一貫していていいなと思いました。

自分が早稲田に本当に合格できるのか不安だったけれど、「受かるよ」と励ましてくれたのも大きかったです。それも、ただ表面的に受かるよと励ましてくれるのではなく、理由も含めてどうしたら合格できるのかを突き詰めて考えてくれました。

勉強の量や質の話などを通じて、自分が早稲田に合格するためになにが必要かがだんだんと明確になっていくのがわかったので、センプレに入会することを決めました。

――センセイプレイスに入会してどのような変化がありましたか?

入会後に返ってきた模試の分析をとことんして、夏以降に何をやるべきかが明確になったのを覚えています。模試の成績を見て、復習の目的・課題点・改善策まで考えるようになりました。

今までの勉強では、ひたすら量だけをこなしていました。そのため、勉強を振り返るという概念はなかったです。ただ、理想の勉強計画を立てて、それがこなせずに落ち込むというこをくりかえしていました。

しかし、センプレに入ってからは、自分の勉強を毎日振り返り、量だけにこだわらない「質」の高い勉強ができるようになりました。学びログも、最初は「毎日書くの!?」と思っていましたけど、続けていくうちに毎日書く必要性を実感していました。

振り返る内容も、成績や何をするかだけではなく、良かったところ・悪かったところ・具体的な改善案・実行結果まで振り返ることで、毎日勉強の効率が上がっていき、成長していることを実感できました。

――受験本番まで、どのように過ごしましたか?

自分の意思で毎日13時間勉強するようになっていました。入会前の春休みは何かに追われるかのように13時間勉強していました。センプレに入ってからは、自分から主体的にもっと成長したいとか、頭がよくなりたいという気持ちで、13時間勉強できるようになりました。

13時間も勉強できた理由には、センセイと指導で立てた計画を実行したいなと思えたことも大きいです。指導を通じて、この参考書をマスターしたらこんなことができるようになるっていう「先」が見えるようになって、それがやる気につながりました。

ネット自習室で、周りの人がいるなかで勉強ができたというのもあります。ネット自習室の前に宣言する周りの人の目標を見て、自分の勉強にも活きる部分があり、勉強以外の部分でも学ぶことができました。トレーナーの方も、勉強に活きる話や、モチベーションの部分でものすごく助けられながら勉強することができました。

合格への道のり

受験前日にコロナの濃厚接触者に。上智も立教も受験不可に

――受験期で最も印象深い思い出を教えてください

受験1日前に濃厚接触者になってしまったことです。結局、併願校だった上智と立教は受験ができませんでした。

そこから2週間ほど、ホテルで隔離されてました。誰にも会えない中で、勉強をし続けました。

しかし、今まで通り指導やネット自習室があったおかげで、隔離状態でも孤独を感じることなく勉強することができました。

また、馬場さんがネット自習室で言ってた「最後まで伸びる!」という言葉が、終盤に向かうにつれて実感できました。そのおかげで、最後の2週間しんどかったけど、最後まで伸びるって信じることができました。

合格発表は家で見るのが怖くて、外の公園まで行ってネットで見ることにしました。そこで、早稲田に合格できたってわかったときは、とりあえず泣きました。お父さんはじめ、家族はみんな喜んでくれました。受験の前にいろいろあったからこそ、ひとまず安心してくれたのがよかったです。

センセイには指導で使っていたチャットで伝えました。自分のことのように喜んでくれました。

――今振り返ってみて、受験の成功の秘訣とは?

自分で考えること。成績をあげる上で、自分に何が足りないかを自分で考えることです。
塾で言われた勉強や、学校の課題やってた時よりも、自分で考えるようになってからの方が成績がどんどんあがっていった実感がありました。

勉強計画を立てる時間に対する意識も変わりました。勉強自体よりも、勉強するために調べたり勉強するまでの準備にかける時間が増えました。そのおかげで、参考書をやる目的意識がはっきりして、やる気・やりがいにつながりました。全てを自分で徹底的に考えることが大切だと思います。

指導でセンセイと話すことで、自分で考えながら、その計画に自信を持って勉強し続けていくことができました。指導の前にも、まずは自分で考えて、週レポで次の1週間の計画を立てます。そして、指導でセンセイに質問された時も、自分で考えながら答えていき、センセイのアドバイスも鵜呑みにするのではなく、自分で考えて吸収していくようにしました。

ほとんどの受験生にセンプレをおすすめします。成績を本当にあげたくて、予備校に合わないって人には全員におすすめします。高1.2で全然勉強やってなくても、高3になって本気でやれば間に合うよと伝えたいです。

唯一向いてない人は、自分で考えることが嫌いな人です。何も考えることなく、塾の復習などを完璧にできる人は、センプレがなくてもいいと思います。

トップへ戻る
いますぐ!無料体験指導